コロニアル屋根の改修工事について!

コロニアル屋根の改修工事について

長年経過したコロニアル屋根について改修方法として屋根カバー工法(屋根重ね葺き)を紹介致します。

コロニアル(スレート瓦・カラーベスト)に適したリフォーム方法

カバー工法とは主にコロニアルの上に、軽い金属屋根を重ね張りする屋根のリフォーム方法のひとつです。 ※金属屋根を重ね張りする前には下葺き材(防水シート・ルーフィング)を張る必要があります。また、現在のコロニアル下地がしっかりとしていることが改修のときの条件です。

コロニアルとは厚さ5mmm程度の薄く平べったいスレートが主成分の屋根仕上げ材です。コロニアルは「スレート系屋根材」「軽量スレート 」「化粧スレート 」「薄型スレート 」「スレート瓦 」「カラーベスト 」ともよばれています。

コロニアルはスレート系屋根材の“商品名”です。コロニアルは大量に流通しており、現在ではスレート屋根そのものを示す言葉になっています。コロニアルは材質が軽量であるためここ20年~30年瓦屋根に代わる材料として

一般的に使われています。商品名が一般名詞化しています。

しかし、屋根カバー工法は全ての屋根材で適用はできません。 たとえば、重い陶器瓦の屋根の上に新たに屋根材を張ることはできません。

既存の屋根の上に下葺材と軽い屋根を張ります。築20年過ぎた屋根の状態です。

実際のお客様の屋根瓦です。

 

ここに下葺き材を張り込みます。

旧屋根の上に完全に下葺材を敷込みます。この施工が出来るのは旧屋根の下地がしっかりしていることが前提となることを注意してください。万が一下地が悪い場合は下地処理より施工を直す必要があります。

コロニアルは30年を過ぎると屋根材としての機能が低下し、本格的な改修工事が必要になるとメーカーからも案内されています。さらに気候や土地柄では10年過ぎから

傷みが発生し、コロニアルがガサガサに肌別れするような状態になってしまいます。 そのような場合は改修工事が必要になることもあります。つまり、コロニアルはあまり長持ちしない屋根ということです。

コロニアルの改修工事のひとつに、既存のコロニアルを剥が屋根を張り替える「葺き替え工事(ふきかえ)」があります。葺き替え工事は既存材と下地をすべて剥がしてから

新たに下地工事をする仕事となります、これが基本的な工事となります。 しかし、葺き替え工事は剥がす手間賃や工期がかさみみます。

このような背景の中、既存のコロニアルの上に軽量の屋根材を張る「カバー工法」が開発されました。カバー工法は「重ね葺き」「被せ張り」「被せ工法」ともよばれています。

コロニアルのリフォーム工事において、カバー工法は最もスタンダードな工事方法として認められています。なお、カバー工法で上に重ねて張る屋根材にも条件があります。 最も重要な条件は「軽さ」です。カバー工法をおこなうことで屋根材が2重に仕上がるので、耐震性に十分な注意を払う必要があります。 そのため、最も軽量の屋根材である「金属屋根」がカバー工法で仕上げる屋根材として最も多く使われます。金属屋根は屋根瓦のフォルムに加工された成型ガルバ(成型ガルバリウム鋼板屋根)が人気です。金属屋根(ガルバリウム鋼板)を重ね張りするのが基本です。

下葺き材の上にガルバニウム鋼板を張り合わせていきます。

カバー工法はの評価

お客様から「屋根カバー工法は良くない」と言われることがあります。 結論を先に伝えると、予算があるお客様には「葺き替え」を定額屋根修理はおすすめします。葺き替えがベストであるのは言うまでもありません。葺き替えをすることで屋根を

下地から全く新たなものとすることができ新築時と同じ状態になります。しかし、屋根のリフォーム費用はとても高額です。しかしその分工事費用も全体的にアップし1.5倍程度の費用がかかるものと思います。

問題は予算だけではありません。剥がす手間があるため、工期も長くなります。 もしコロニアルがアスベスト入りであった場合、アスベスト対策をおこなう必要があります。 そして比較的新しい木造住宅の場合、既存コロニアルを留める釘が強固に打たれています。葺き替えで無理にコロニアルを剥がそうとすると、下地や垂木(たるき)、構造材を痛める結果を招きます。デメリットを考えるとカバー工法は合理的な工事方法であり、コロニアルのリフォームでは第1選択になる工事方法です。

屋根カバー工法に対して否定的な見解を示す会社もいます。彼らがカバー工法を否定するには理由があります。たとえば、瓦屋根の工事業者は「金属屋根の工事」を専門としていません。金属屋根を張ることを本業とするのは「板金工事を扱える建設会社」です。瓦屋根の工事業者と金属屋根の工事業者は互いに競合し、共にライバルのような存在です。 そのため、瓦屋根の工事業者はコロニアルのカバー工法を否定し、自社で施工ができる「コロニアルへの葺き替え」などをお客様にすすめる傾向があります。 インターネット上でも「瓦屋根の工事業者」や「瓦屋根販売会社」によるカバー工法の否定的な見解が散見されています。ネガティブな情報だけで判断することはないようにしましょう。
コロニアルメーカーもカバー工法専用屋根材を提供

カバー工法で使われる金属屋根について

これまで、コロニアルを取り扱うメーカーはカバー工法を反対していました。 自社商品の上に他社商品を重ね張りされても何の利益にもなりません。 勝手に自社商品の上に屋根を重ねられてクレームでも言われるものなら、たまったものではありません。

しかし、カバー工法は極めて合理的なリフォーム方法です。 さらに、世の中には軽くて耐久性の高い金属屋根が開発されました。 ガルバリウム鋼板屋根です。この優れたガルバリウム鋼板屋根材が登場したことで、カバー工法が瞬く間に普及しました。ガルバリウム鋼板屋根を用いたカバー工法が広がり既に20年以上年月は経過しています。順調に実績も重ねており、有用性も専門家より十分検証されています。今ではカバー工法はコロニアルの最もスタンダードなリフォーム方法として確立しています。

 

カバー工法のメリット

工事費用を抑えることができる

屋根材を撤去する人件費や廃材処理費もかからないので、工事費用を安く抑えることができます。

屋根の断熱性が向上する

金属屋根裏面にある断熱材が防音性を高め、断熱性を向上させます。(注:断熱性がない製品もあります。)加えて、屋根が2重になるため、更に断熱性や防音性、防水性が向上します。

工期が短くなる

撤去や養生をする必要がないため、通常の工事日数より2日から4日短縮されます。 葺き替え工事の約半分の日数でリフォームができます。

アスベスト対策になる

2004年(平成16年以前)以前に製造されたスレート屋根材はアスベストが含まれています。癌(特に肺がん)を誘発するとして、現在ではアスベスト含有屋根材の使用・製造・販売は禁止されています。 アスベストの撤去には特別な資格が必要な上、多額の処分費用もかかります。 アスベストが近隣に飛散、拡散しないための養生費もかかります。 カバー工法で既存の屋根を残しておけば、アスベストが飛び散る心配はありません。
カバー工法のデメリット

屋根が少し重くなります

カバー工法を実施することで、屋根は重くなります。 しかし、軽量の金属屋根によるカバー工法であれば屋根の重さをそれほど心配することはありません。軽量金属屋根は5kg/㎡です。一般的なコロニアルに金属屋根材でカバー工法を行った場合、屋根の総重量は約23~26kg/㎡になります。 陶器瓦(日本瓦)の屋根は約60kg/㎡であり、陶器瓦の屋根に比べてはるかに軽量です。

 

 

 

既存の野地板(のじいた)は古いまま

カバー工法は既存の屋根と野地板を再利用し、その上に軽い金属屋根を重ね張りする工事です。そのため、既存の野地板自体はリフレッシュされません。 もちろん、野地板にも寿命があります。 特に結露の影響が受けやすい環境下の場合、野地板が傷みやすいです。 結露の影響が懸念される場合は、カバー工法をおすすめできません。
既存の屋根が激しく劣化している場合、カバー工法を行うことができません。 たとえば、コロニアル劣化の特徴のひとつに、含水があげられます。 水を含んでブヨブヨになったコロニアルは下地として機能せず、釘を打ち込むことができません。劣化が進んでからカバー工法をおこなうのはできない場合があります。 カバー工法をおこなうタイミングは「ある程度屋根の状態が良い時」とも言い換えられます。特に建築後30年以上が経過している屋根はできるだけ早い時期にカバー工法を検討してください。
 

カバー工法は板金工事会社に依頼する

屋根カバー工法は金属屋根を重ねて張る工事になります。 そのため、工事は「金属屋根の工事会社」、つまり「板金工事会社」に依頼してください。よく間違われますが、カバー工法は「瓦屋根の工事会社」がおこなう工事ではありません。より安く、より専門的な工事の提案を望まれるお客様は「板金工事会社」を探して工事のご相談をしてください。

カバー工法後のメンテナンス

ガルバリウム鋼板の再塗装について

成型ガルバリウム鋼板のメーカー保証は「塗膜15年」「赤錆25年」が基本です。 「塗膜20年保証」のハイグレード製品もあります。 通常品はメーカーから15年ごとに再塗装が推奨されています。 塗装はあくまでも美観維持のためのものになります。 必ず実施しなければならないものではありません。 金属屋根は塗膜の劣化や色あせよりむしろ「錆」と「穴あき」に注意をしてください。「錆による穴あき」が雨漏りに直結する不具合になります。

 

成型ガルバリウム鋼板の葺き替えについて

メーカーカタログでは30年を目安にガルバリウム鋼板屋根は葺き替えを検討すると記載されています。 この30年という数値はコロニアルの改修スケジュールと同じです。

それではガルバリウム鋼板とコロニアルは耐用年数が同じかというと、そんなことはありません。この2つの製品の耐用年数の違いは、メーカー保証年数から推し量ることができます。 たとえば、コロニアルの製品保証は「2年」ですが、ガルバリウム鋼板屋根の製品保証(穴あき保証)は「25年」です。 同じような改修スケジュールにもかかわらず、ガルバリウム鋼板屋根のほうが10倍以上の保証期間が設けられています。

あくまでもこの30年という数字はメーカー側がリスクを回避するための担保の数字としてとらえてください。 実際、ガルバリウム鋼板はコロニアルに比べて劣化しにくく、短期間で再改修の必要性を迫られる可能性は低いです。 ガルバリウム鋼板屋根は30年以上の耐久性が期待できる屋根材と弊社では考えています。

 

屋根瓦、屋根裏、床下等の営業内容には十分にご注意ください。

長年営業を続けていて実際の店舗を持たれている業者等にご相談いただければいいかと思います。

また、契約をする前に調査を依頼しその費用もご確認ください、また現在の屋根状態を写真等で確認の上実際の見積でどの程度工事内容と費用がかかるかを確認してから工事契約をされた方がいいのかと思います。

相談が絶えない!

実際以前にこのような営業スタイルでお困りの相談が多数ありましたが、またここ数年、営業に困られて相談されてくるお客様が増えています、

決して慌てない!

このような営業は、決して慌ててはいけません、

断りにくい場合には

親戚に建築関係のものがいるとか、兄弟が建設会社に勤めているとか言葉を濁してまずお断りされるほうが無難であると思います。その場での返事や契約といったことは決していいことはないはずです、実際消費者庁からも注意喚起が出ていますのでご確認ください、また悪質なケースの場合には警察、公共機関等に早めにご相談ください。

 

信頼のおける業者を探す!

長年仕事をされているか、または親身になっていただける業者を探されてから、工事を依頼してください。

まとめ

屋根工事に関しては決して焦らずゆっくり考えて内容を確かめてから、業者等に依頼されてください、まじめな業者は決して不安を煽ってでの営業契約はされないと思いますのでご安心ください。

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。